HOME>タロット占い

スポンサードリンク

タロット占い

タロット占いは占いの中でも一番有名な占い法かもしれません。どこの国でいつ頃生まれたものかもはっきりわかっていなくて インドを起源とする説やエジプトを起源とする説など様々です。

タロットカードはそれぞれのカードに意味があります。占い方法には2種類ありますが22枚のカードだけで占う方法を大アルカナ、 78枚のカードで占う方法を小アルカナと言います。

タロット占いのやり方

カード占いの方法はまずカードを裏返し、机の上に置いてよくシャッフルします。そしてシャッフルしたカードの中から数枚を引いて机の上に並べます。

タロットカードはすべてのカードそれぞれに意味があります。カードの絵柄がそれを表しているのでここから占い結果を読みとることができます。

カードの展開(並べかた)の色々

カードの置き方にもたくさんの種類があります。オリジナルの展開法(置き方)を使用する占い師の人も多いそうですが V字型に7枚置き、その中央に3枚置くといったフォーチュン・オラクル法、六芒星(ヘキサグラム)の形のようにカードを並べるヘキサグラム法なども 一般的な展開の一つです。

シャッフルの色々

カードをよくきることをシャッフルと言いますがタロット占いではこのシャッフルだけでも色々な方法があり、占い師によってやり方はバラバラです。

一般的にはタロット占いではカードの向きも重要視されるため、カードを広げ、両手でかき混ぜるようにして向きがバラバラになるようにシャッフルするそうです。

なぜタロット占いは人気なのか

タロット占いは占い師によって解釈が大きく違う場合があるので、これが正解と言える解釈は存在しません。それだけに占い師の資質が問われる占いです。 大まかな運勢を占うよりは具体的なことを占うことに向いているので恋愛相談にもよく使用されるそうです。多少カウンセリング的な部分もあるのかもしれませんね。 カードを使えば誰でもできる占いなのでこれからも人気は続いていくんでしょうね。

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県
山梨県新潟県長野県富山県石川県福井県
愛知県岐阜県静岡県三重県
大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
徳島県香川県愛媛県高知県鳥取県島根県岡山県広島県山口県
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県
Copyright (C) 2007 占いINFO All Rights Reserved.